現代の新卒採用体験談を話します

毎年新卒採用が行われていますが、近年では不況のあおりでなかなか新卒採用ができなかったり、採用できる人数が限られていたりします。そのため、今の大学生は就職氷河期とも言われて、卒業後も就職できない人もたくさんいます。せっかく大学まで行ったからと行っても、人気がある会社はもちろん競争率も高いし、そういうところばかり選んでいる人は1つも内定をもらえない確率は高くなります。実際、まだまだ世の中にはたくさんの企業があり、探す方法もいろいろありますが、大学生は学校の先生に勧められたところや、会社説明会に参加したところしか受けようとしないので就職できないのも無理はないといえます。また会社は新卒の人を採用することにメリットもデメリットも抱えています。

メリットは新しい若い力のある社員を取り入れることで、会社の雰囲気を盛り上げたり、戦力になるように育成して仕事を全うしてもらおうという期待や賭けをしています。デメリットは新卒者を採用したのはいいけれど、1年経たずして辞めてしまうような人もいます。会社にとっては仕事のノウハウを1から教えて、給料も払って投資しているようなものなのに、1年という短い期間で辞められてしまうと損をしているようなものです。仕事のノウハウを教えたりするのも凄く時間がかかるし、それを始動する人間の確保も必要になります。また仕事は経験を積み重ねないと身につかないものではあるので、新卒者を採用しても仕事を続けてくれるかは始まってみないとわかりません。

現代の新卒採用体験談としては新卒者には行動力や積極性を求めている会社も多くなりました。また柔軟性も大切です。いくら学力が他の人よりよくても、仕事はまた別物です。なので、筆記試験より面接を重視して、グループ面接を行い、ディベートをさせて発言力を見たり、率先的に仕切るような人を見極めたり、周囲の人に気配りができるような人を見極めたりしているように思います。また挨拶も重要になるのですが、ただ挨拶ができるのではなく表情も重視しているように思います。どんな仕事でも人と接するようになるので、自然な笑顔や微笑みができたりしないと、相手に不快な気持ちを抱かせてしまいます。そういうことがないように、特に営業職や接客業は笑顔も大切になります。日頃からできていないと難しいものにはなりますが、面接では一度きりのチャンスになるので、できるだけリラックスできるようなメンタルが必要ですね。