既卒の第二新卒の就職活動では説明会に参加

以前の大手会社が行う会社説明会といいますと、一定の人しか受けられなかったこともありました。応募者が多いので、特定の大学であったり、縁故関係がないと参加できなかったのです。今は、事前にインターネット上からエントリーシートを記入します。その上で申し込むことができます。以前に比べると、いろいろな人が参加しやすくなっています。会社説明会に関しては、通常は来年4月に卒業をする新卒向けで行われます。既卒である第二新卒者に関しては参加することができるかどうか気になります。特に参加するのは問題ないようです。大学受験において、高校生の中に浪人生がいるような感覚でいいでしょう。以前ですとそういった人も少なかったのですが、今は結構就職活動している人がいます。説明会に行ったところで、情報交換ができるかもしれません。もちろん新卒生との情報交換も行うようにします。

第二新卒の就職活動は専用のセミナーと新卒用に参加

イベントが行われるとき、参加者を限定することがあります。その場合、限定している人に該当すれば参加できます。その他の人は別の機会を利用します。その中で自分に該当する会があるかもしれません。このような場合、複数の会において自分自身が該当する場合があります。そうなれば、複数回参加できるチャンスが出てきます。第二新卒の人が就職活動をするとき、まずは専用のセミナー会を利用します。今までは新卒者向け、転職者向けなどになっていましたが、最近は新たに設けられました。さらには、新卒者向けにも参加することができます。こちらの場合は、実質は自分自身は該当しませんが、採用者側としては若くて能力の人を採用したいと思っています。いい人であれば、採用したいと思ってもらえるでしょう。転職者向けだと経験が必要で、参加のハードルが上がります。

第二新卒での就職活動は失敗できない

人生においては、失敗を繰り返しながら生活することになるでしょう。たくさんの失敗があって、それを活かして成功に結びつけるのです。たくさん失敗している人が、たくさんの成功を得られているとも言えるでしょう。失敗をする場所にもよります。本番では失敗をせずに練習で失敗をすることで、表向きには成功ばかりのようにみえることもあります。就職において、何が成功で失敗かは難しいところです。内定をもらえば成功なのか、希望の会社に内定をもらわないと成功にならないとする考えもあります。希望の会社でないとダメだとする人は、最初の内定は失敗になってしまいます。そのまま仕事をせずに新たに活動をするなら第二新卒で行うことになります。新卒の時は失敗とできるのですが、今度は失敗はできません。それくらいの覚悟で行う必要があります。何度も失敗できないのです。