新卒採用より中途採用を重視する会社は先進的で勢いがある

私は今まで、人生で七回転職しました。現在も、より待遇の良い職場を探していて、そこが見つかれば、転職するつもりでいます。しかし、現在の日本ではそうした、転職回数の多さは、あまり良い評価につながりません。一つの職場に長く居続けることができない、腰の軽い人間だと思われ、低い評価となるのが現状です。私も実際に、転職活動中に、職歴の多さを見て、イヤなことがあったらすぐに仕事を辞めてしまう根気の無い人間だ、というような印象を持たれ、半人前だというような目で見られたことは一度や二度ではありません。しかし、こうした一つの会社に勤め続けるのを良いことだと考えているのは日本ぐらいなものなのです。

海外、特にアメリカでは転職をするのが当たり前なのです。どこかの会社で働いて、技術力や、経験を積んだら、そこで出世するよりも、そうした技術力を持っている人間を探しているより、待遇の良い会社へ転職するのです。そうしてステップアップしていき、能力のある人間は、大企業へと勤めることができるようになるのです。能力があるからこそ、他の企業はその人材を採用してくれるのです。転職をしない人間は、それだけ能力が低く、転職することすらできないという低い評価となってしまうのです。ところが、日本は新卒採用を重視しており、新卒で採用した人材を一から育て、終身雇用によって何十年間とその会社で働き続けるようにするといった形がほとんどで、新卒以外はほとんど使い捨てのような待遇で採用されるのがほとんどなのです。

私は能力に自信がありましたし、最初に勤めていた会社が、小さな会社でしたので、もし、出世をし続けたとしても、それほど給与も上がらないと考え、転職活動を始めたのでした。確かに先述のように、今いる会社を辞めて他の会社へ移ろうとするのいい目で見てくれない企業もたくさんありました。しかし、全ての企業が、そうした新卒採用だけを重視しているわけではありません。一部の企業、特に勢いのある企業ほど、そうした前歴など無関係に、人間の能力だけを見て雇ってくれるのです。ですから私が勤めた会社はいずれも先進的で、閉鎖的といわれる日本の企業では想像できないような会社ばかりでした。このようにして、いくつもの会社を転々としていたおかげで、私は、それぞれの会社で、経験や技術を積んで人間として成長したのです。今なら、自分ひとりだけの力でも生きているだけの能力はついたのです。