グローバル対応可能な国際的な看護師 求人

知人の病院はは世界各地のセレブが通うような大病院です。これまでは、採用した人材に英語教育をして、外国人の患者様に対応出来るようにしていたそうですが、やはり、元々英語が苦手だったりする看護師の場合は、なかなかご苦労が多いようです。そんなことから、近年は帰国子女や、海外留学をしたことがある学生さんを新卒採用していたようです。しかしながら、そのような国際経験豊かな方ですと、考え方もプロアクティブだったりして、古い世代の上司のかたとうまくコミュニケーションが取れずに、病院を退職していってしまう、という事も多々あったそうです。

こうして、知人の病院では今、国際的な看護師 求人というと、もはや英語や現地語ができる日本人ではなく、日本語がペラペラで礼儀も日本風な礼儀を勉強した、看護師を採用してみようという動きが出てきました。海外から日本に留学してきて、日本語や日本の文化に造詣の深い親日家の外国人のかたがたです。その病院に入って、一生懸命に日本人看護師と共に研修を受け、頑張っている外国人看護師の方もいらっしゃれば、逆に海外拠点のジョブセミナーなどから応募してくる外国人の方も大勢いらっしゃるそうです。こういった国際的な新卒の社員のかたがたの場合、入社時点から、すでに、将来の行く末が大体決まっていると言えます。

自分の持っている能力を最大限に発揮して、病院のために御奉公して、将来の婦長候補になられるものと思います。これまで採用した看護師に、得意、不得手にかかわらず、英語を学ばせ、外国人の患者様の対応につかせていた日系企業もやっと、これまでの方式よりも、元々現地の語学、英語、日本語ができる、トライリンガル(すくなくても2か国語はできるバイリンガル)を採用し、日本と海外の病院の橋渡しをさせたい、というビジョンがみえてきたようですね。国際的な看護師 求人は採用してからの教育も大変ですが、人材派遣会社などを通じて看護師の求人をお世話して頂いた場合は、ある程度の教育はすでに人材派遣でされていると思いますそのため、基礎となる教育はあまり知人の会社の方で、しなくても、大丈夫と思っておいた方がイイかもしれないですね。交際的看護師 求人はこれからどんどん大病院の国際展開をしているような部署では増えてくると思います。髪の色や瞳の色が違う同僚ができるというのも、院内にとって変革期であると同時に、大変チャレンジングなことで楽しい展開になりそうですね。これから、同僚が外国人、というパターンが増えてくるかも!ですよ。